水素水|エイジングケア
rss
中文English

見聞録

2017

4/28

《キミは百まで、ボク九十九まで》(No.4)

腹が立つ、ストレス、これらが寿命短縮の一大原因であるのはよくいわれる。この多くは人間関係から生じる。部下、上司、仲間、伴侶、ガールフレンド、ボーイフレンド。彼らはわが身の安らぎの貢献者であると同時に、立腹の源にもなる。

友人に、怒りや不快の顔を見せたことのない、仏様の名をもつ会社経営者がいる。そのニコニコの秘訣を聞くと、「上には上、下には下」なんだそうな。どういうことか。

「上には上がいる、下に下がいる、ということ。Aの意地の悪さに立腹しても、ちょっと回りを見ると、必ずもっと意地の悪そうなのがいるもの。仕事に失敗してきても、必ずもっと大きく失敗している者がいる。つまりもっと悪い例と比べて、仕方がないかと、こっちの気持ちを収めるんだ」

なるほど。ストレスから逃れる処世術ということか。いやいや軽視できない。これもやはり人間の器が大きくなければできないことかも。真似てみたいものではあるが。